給料日前にお金がない人は貯金ができない

給料日前になると決まってお金がないという人の特徴のひとつが貯金ができないということです。
貯金があれば生活費が赤字になったとしても貯金を崩すことで、その月を凌ぐことができます。
しかし、貯金がなければ借金をするしかなくなることだってあるでしょう。
だからこそ、お金が大事だとおもっている人であれば貯金をきちんとしているはずです。
働いていれば給料をもらえますが、いつ病気になったり、会社が倒産してしまったりして働けなくなるかわからない時代ですから、お金が大事ならばこそ働けなくなったときのために、きちんと貯金するのが当然です。
それではなぜ、給料日前になるとお金がない人は貯金ができないのでしょうか。

お金がなくなることに危機感がない

お金がなくなることに危機感を持っていないと、まさかの時に備えて貯金をすることはできません。
ケチケチとした生活をするくらいならば、好きなものにお金を使っていたほうが楽しい毎日を過ごせるから、その方ががいいに決まっていると考えている人が多いのも特徴です。
少し足を運べば価格が安いスーパーや量販店があるのに、めんどくさいからと言って買い物のすべてを近所のコンビニで済ませていれば、お金が減る一方ですし貯金も増えるどころか減ってく一方でしょう。
節約という言葉が頭にない人でしたら、ちょっとした移動でもバスや電車を使えるところでもタクシーを使ってしまうものです。
バスや電車と比べてタクシーの代金は桁が一つ違うくらい高くなってしまいますから、そういったことを平気でやるようでしたら毎月の支出は平均よりも高くなってしまうのは当然のことでしょう。

借金するから貯金ができない

借金すれば一時的に手元に使えるお金が増えますが、借金すればするほど貯金ができなくなるものです。
借金がないから借金をするしかないという人もいますか、そんな単純な事ではありません。
借金する人は必要な支出が多い人です。
お金を使うことが癖になってしまい節約という概念がないのですから、もしお金がなくなってしまえば借金で賄うとしまうす。
その結果、借金で一時的にお金が増えるのだから貯金をしたってしょうがないと考えるようになってしまい、気づいた時には借金で首が回らなくなり自己破産するしかないという状況にまで追い込まれてしまうのです。

お金にだらしないと時間にもだらしない

お金にだらしない人は時間にもだらしないです。
私の周りにもいますか、貯金ができてない人は平気で時間は守りませんから、約束をしても守ってくれる保証がありませんので、とても信頼できません。
そういう人に限って厚顔無恥に借金を申し込んできますから、本当に手に負えないものです。
お金と時間にだらしない人で共通してることは自己管理ができていないということです。
時間を守るためなら余裕をもって行動すればいいのに、そういったことすらできないのですから、お金に立ってだらしなくなってしまうのも分かります。

必要ないものにあふれているから貯金できない

物を大切にしない人もお金にだらしないですし貯金ができません。
物を多く買う人ほど以前購入したものを録に使うことなくタンスの奥にしまってしまい、買ったこそすら忘れてしまう者です。
これはものを大切にできていないということになりますし、タンスの奥が不必要なものであふれているということは、お金を無駄に使ってしまっているということです。
流行に敏感だからいち早く最新のものが欲しいという人も多いでしょう。
しかし、それはお金に余裕がある人だからこそ出来ることです
流行に敏感ではなく、ただただ流行に流されて無駄にお金を使っているのは退屈な人生です。
本当に必要なものがある人生こそが幸せな人生なのですから、断捨離を兼ねて必要のないものは全て売ってしまいましょう。
いらないものを売れば現金が増えますし、それを貯金に回すことからことで給料日前にお金がなくなることを変えるきっかけにしていただきたいと思います。