給料日前にいつもお金がないのはなぜか?

給料日前になるとお金がないことばかり起こるのはなぜか?思っている人は特に独身男性が多いかもしれませんね。
なぜ給料日前にお金がなくなってしまうのか自己分析できなければ、いつまで経っても給料日前にお金がないことから逃れられません。
この記事を読みまして給料日前でもお金に余裕がある生活が送れるようになっていただきたいと思います。

お金の管理ができない

給料日前にお金がなくなるのは毎月のお金の管理が出来ていないからです。
お金の管理が普通にできる人でしたら、お金にルーズな人の気持ちはわからないでしょうが、逆に給料日前にお金がなくなる人は、お金の管理をどうすればいいのかわからないのが問題になります。
毎月赤字になるので給料日前にお金がなくなるのですから、当然収支のバランスが崩れていることを放置している状態です。
給料が変わらないのでしたら毎月使えるお金の額は決まってきます。
決まった金額通りに計画的に使えないのでしたら、いつどんなことにお金を使っているのか明確に判断できていないからです。
それに本当に必要なもの以外のことでも無駄にお金を使っているから毎月赤字になるのですが、さらに経済状況が悪化して、お金がない状況を自分で作り出しています。
お金がないのは自分のせいだと気づいていない人が多いです。
財布のお金は使えば減っていきますので、無駄遣いを抑えることができます。
しかし、クレジットカードでしたら限度額までは自由に使えますから、ついつい油断して使いすぎてしますものです。
毎月の引き落とし額や引き落とし日を把握していればまだ良いのですが、それすらわかっておらずクレジットカードの引き落とし額が毎月さらに増え続けているのであれば手遅れかもしれません。
クレジットカードは借金していることと変わりません。
クレジットカードを使うことは借金を増やしていると認識することを忘れないでください。
また、ギャンブル好きな人ほど給料日前にお金がなくなる傾向があることが調査でわかっています。
1,2万円あれば1週間は暮らせると思いますが、ギャンブルだとこれだけの金額をいとも簡単に使い果たしてしまいますので、お金の管理ができない人はギャンブルをするべきではありません。

お金を使わなければ、お金がなくならない

当たり前のことですが、お金を使わなければ減りません。
家賃や食費、光熱費など、毎月必要となる固定費は決まっていますし、生きていくために必要なお金は頭を使えば減らすことも可能です。
クレジットカードは後払いだから、ガマンせず欲しいものは買ってしまえばいいと考えているのでしたら行動から変えていきましょう。
行動が変われば考え方も変わっていきます。
1ヶ月のあいだに使う金額を決めて、これ以上の金額を使わないと自分に誓いましょう。
自分に誓うだけで、コンビニに寄ったときでも無駄なむのを購入することができるようになります。
本当にそんなことができるのかと思うかもしれませんが、ダマされたとおもってやってみてください。
シンプルなことだからこそ続けることが出来ますし、行動を続ければ習慣となりますので、お金を使わないことが気持ちよくなる体質に変わることだって出来るのです。

収入を増やすために仕事に打ち込む

今すぐ結果となって表れることではないかもしれませんが、今している仕事に打ち込むことで収入を増やせるようになります。
仕事に打ち込むことで会社での実績が出来ますし、評価が高くなることもまちがいありません。
経験すればわかりますが、仕事に打ち込むと、お金を使うことも忘れるくらい仕事に夢中になりますので、自然にお金を使う機会が減りますので一石二鳥です。

どうしてもお金が必要なときには

目先のお金が必要なら、カードローンやキャッシングでしたら、少額融資でしたら利子の負担も少ないですし、30日間無利息(金利ゼロ)サービスを利用できる消費者金融もあります。
返済可能であることが条件ですが、カードローンなども活用することも検討してみてください。